0

11/04/10 19:12

今後の生産見通しについて(続報)

こんにちは。本社・ブログ担当の野澤です。



明日で3月11日の東北地方太平洋地震から1ヶ月、
栃木では“梅が見頃の季節”から“桜が見頃の季節”に
季節がうつりかわりました。

先日ご案内しました通り、
日産では地震による工場の操業停止に伴い、納期遅れが発生しております。

昨日4月8日に日産自動車より、以下の通り生産見通しに関する発表がありました。

追浜工場(生産車種:キューブ・ノート・ジューク・リーフ・ティーダ・ラティオ・シルフィ)
   4月11日より生産開始

栃木工場(生産車種:スカイライン・Z・フーガ・GT-R)
  4月18日より生産開始(一部)

九州工場(生産車種:セレナ・エクストレイル・デュアリス・ムラーノ・ティアナ・ラフェスタ)
  4月13日より生産開始

日産車体(生産車種:ウイングロード・キャラバン・ADなど)
   4月11日より生産開始

日産車体九州(生産車種:エルグランド)
    4月13日より生産開始

横浜工場(生産ユニット:2.0L〜2.5L直4エンジン MR系・QR系)
  稼働中

いわき工場(生産ユニット:V6エンジン VQ系)
  4月18日より生産開始(一部)

当面は部品供給の状況にあわせた生産になるようです(4月は当初計画比50%程度)。

納期につきまして担当カーライフアドバイザーより
あらためてご説明させていただきます。
今しばらくお待ち下さい。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

>>今後の生産見通しについて(2011.4.8 日産自動車発表資料)
>>東北地方太平洋地震における対応について(日産自動車発表資料)
facebook
はてブ