0

11/09/10 10:05

希望ナンバーはどれくらいの人が希望する?


こんにちは。本社・ブログ担当の野澤です。

今日はちょっと趣向を変えて希望ナンバーのお話です。

1999年から、ナンバーに希望する番号を指定することができる
「希望番号制度」が導入されました。

どれくらいの人が「希望番号制度」を利用していると思いますか?
気になったのでちょっと調べてみました。

※以下のデータは2011年4月〜8月に栃木日産で登録されたお客様のデータです。

乗用車(軽含む)の希望番号比率

乗用車に限っていえば、なんと栃木日産のお客様の64%が希望ナンバーでした。
「結構高い比率だろうな」とは思っていましたが、ここまで高いとは予想外でした。

ナンバープレート交付手数料は、希望ナンバーの場合通常+2,780円(栃木県)。
「これくらいの金額差なら希望ナンバーにしようか」という価格設定も
希望ナンバー比率が高くなっている一因かもしれません。

希望ナンバー比率が高い車種は
・ フーガ 78.5%
・ セレナ  77.8%
・ エルグランド 77.5%
・ ジューク  75.5%
・ キックス 69.2%
・ キューブ 68.5%
・ エクストレイル 67.0%
といったところです。

ちなみに人気の番号は、西暦にちなんだ「2011」が一番人気、
続いて「2525」、「1122」となっています。

希望番号はお客様が「希望番号予約センター」で申し込むと予約することができます。
契約時にカーライフアドバイザーへ「希望番号で」と伝えていただければ、
栃木日産で希望番号の申し込みを代行いたします。
(代行手数料525円を申し受けます)

お気軽にお申し付け下さい。

>>希望ナンバーの詳細はこちら

>>最寄の店舗検索はこちらから
>>栃木日産ブログ テーマ別記事一覧へ


 
facebook
はてブ