0

12/06/09 09:43

シーマ −国内専用 年間1000台だからできること−


こんにちは。本社・ブログ担当の野澤です。

4月25日発表、5月21日に発売になった新型シーマ、
おかげさまで栃木日産では20台を超える注文をいただきました。

ご存知の通り、シーマは栃木県上三川町の日産自動車栃木工場で生産されています。
年間販売目標台数は1000台、そして国内専用車です。

新型シーマは眼に見えない部分で、手間をかけて生産されています。
新型シーマの、“少数生産だからこそ出来ること”をご紹介します。

***塗装前***
組み立てられたボディを一度ラインから降ろし、
時間を掛けて立て付けの狂いや歪みを微調整。
レーザーで測定し合格したものだけ塗装工程に進みます。

***塗装***
スーパーブラック・ガーネットブラックは、中塗りの後一度ラインから外して、
シーマ専用の特別室で60分かけてボディ側面を手磨きしています。


***バンパー***
通常の2倍の時間をかけて塗装したバンパーを、1台につき3本用意。
その中で、人間の眼で見て一番合うものを選んで取り付けています。

***遮音***
穴という穴を人の手でふさぎ、徹底した遮音が施されています。


***完成検査***
ラインから外し、約1時間かけて各部の仕上がりをチェックします。


***実走確認***
前席・後席と2人で乗車して、テストコースを40分以上走行し、
乗り心地や異音、操縦性などをチェックします。


この検査に合格した後、栃木工場長の直筆サインが入った「品質検査確認証」を搭載し
新型シーマは工場出荷となります。

日産のフラッグシップカー、シーマ。
その品質を直接見て、触れてご確認下さい。

宇都宮西原店に塗装の美しいガーネットブラックの試乗車をご用意しております。

>>宇都宮西原店はこちら



>>NISSANプレミアムファクトリー シーマ紹介のページへ
>>栃木日産ブログ テーマ別記事一覧へ

【シーマ関連記事】
新型シーマ 発表 (2012/4/25)
新型シーマ 発売 (2012/5/21)


 
facebook
はてブ