11

20/01/08 09:30

弾丸ツアー 金沢市 第七章 金沢城




こんにちは、埼玉日産フリート営業部 (指扇店)です。

第1弾の初売りに、
ご都合が悪く、来店できなかったお客様、
これで、
本当に最後の3日間!!
1月11日()
1月12日()
1月13日()


初売りフェア
第2弾 開催



初売り特選車 ↓↓

早い者勝ちです。↑↑残っております!!

ハズレ無し ↓↓
赤玉、青玉、
残っています!!

新春 ガラポン ↑↑
しかも、
Wチャンスで2回!
挑戦可能!





↑↑2つの新車、↓↓
ご成約特典あり!!





初売り限定!
サービスセール ↓↓


他メーカーの、
ご家族の愛車

でも、
ご入庫、大歓迎です。↑↑

ご来店、お待ちしております。



ブログネタは、
2019年、夏休みのお出かけネタ
弾丸ツアー 金沢市 第七章

良ければ、第一章からどうぞ ↓↓

https://blog.nissan.co.jp/DEALER/0230/020/?search=%8B%E0%91%F2&x=39&y=18


兼六園から、移動してこちらへ ↓↓

金沢城
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A2%E5%9F%8E





「石川門」は、
度重なる大火に見舞われながらも江戸時代中期から現存している貴重な建造物であることから、
国の重要文化財に指定されています。




よく見ると、屋根瓦が白く見えます。↑↑
これは一般的な土瓦とは異なり、鉛の板で葺いた「鉛瓦(なまりがわら)」と呼ばれるそうで、
従来の屋根の上に薄い鉛板を張り付けて造られているそうです。
雨や雪などによる化学反応で鉛が白くなったもので、白化現象とも呼ばれています。
この鉛瓦は雪が多い北陸で、重量低減と長寿命化の対策として考えられたものだそうです。






五十間長屋(ごじっけんながや)
五十間(約90m)の長さがある建物で、平成13(2001)年に120年ぶりに復元されました。

長屋というと住居を想像しがちですが、
武器や食料を保管する倉庫として利用されたもので、
城を守る城壁としての役割も兼ねていたそうです。







共通利用券だと、500円です。






柱や梁に釘を使用せず、はめ込み式で組み立てられているのが特徴で、
石川県のホームページに掲載されている明治時代の消失前の写真と見比べると、
驚くほど忠実に復元されているのが分かります。
ただし、消失前の建物では18cm角の柱を使用していましたが、
耐震性を考慮して、復元された建物では24cm角の柱が使用されています。






長さ、約98m!!

ボウリングレーンのボールを転がす廊下のような構造物を「レーン」と言いますが、
レーンの先端から一番手前のピンまで
18・288メートル(60フィート)。





菱櫓 復元階段 ↑↑
藩政期当時の姿を忠実に再現するために、急傾斜の階段もそのまま再現されています。
菱櫓(ひしやぐら)は、
建物が菱形をしていることから名付けられたものです。
建物内の四隅の内角は80度と100度で、柱も同じ角度の菱型となっています。





出し(出窓)の石落とし

落とす石は、この階段から運んだんですかね?




「菱形」の謎
菱形構造にした理由には諸説があり、
一説には金沢城正門の大手門(尾坂門)と搦め手門の石川門の両方を、同時に広い視野で監視するため、
角度を開いた菱形にしたと言われています。





藩政期当時の姿を忠実に再現するために、急傾斜の階段もそのまま再現されています。






こちらは、↓↓


橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)
その名の通り、橋爪門という入り口から続いている櫓。
かつては橋爪門の見張り場所だったそうです。





橋爪門続櫓は3重3階で、高さは14.69mあります。
 

しっかり、見張って下さいね。




そろそろ、誰かが転げても良いぐらいへばってます。





この芝生で、寝てしまいたいが次へ移動!!




次回へ、つづく・・・・



 
facebook
はてブ
お気に入りに追加

埼玉日産自動車株式会社

フリート営業部(指扇店)

住所:埼玉県さいたま市西区中釘2030

電話:048-623-2323

営業時間:

販売:09:30〜19:00
サービス:09:30〜18:00

  • 今月の休業日:
  • 販売: 2日 3日 10日 16日 17日 24日 31日
  • サービス: 2日 3日 10日 16日 17日 24日 31日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ