9

18/01/17 09:30

年越しイベント・・・後半。




こんにちは、埼玉日産フリート営業部・指扇店です。
1月17日、
『 阪神・淡路大震災 』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%83%BB%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD
から、
23年が過ぎました。
各地で追悼式典が行われると思います。

被災された全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。


そして、10年ぶりに、

 1万項目追加し改訂版が発売された、

広辞苑第七版
『広辞苑』は一九五五年に初版を刊行、60年以上の歴史。
追加された新しい言葉の、

『口ぱく』ではなく、『がっつり』発言の所から

前回のつづきです。



年越しイベント・・・前半。↓↓

https://blog.nissan.co.jp/DEALER/0230/020/entry9231

一番下のピュアな発言?、
『なっげーよ!』からも、
変わることなく、
住職さんの説法は続きます。
当然、カウントダウンまでの時間調整(大人の事情)、

説法が終わりますと、
カウントダウンのリハーサルです。
牛久大仏のカウントダウンは、

10



南(な)
無(む)
阿(あ)
弥(み)
陀(だ)
仏(ぶつ)


仏の所が、『ぶ・つ』と、2カウントではありませんと、
注意!!
通しリハ後、直ぐ本番です。
カウントダウン!





仏(ぶつ)


ここから、一気に花火打ち上げです。






当日は、少し風もありどんどんに巻かれていきます。


牛久大仏、120mが煙で霞みます。


打ち上げ場所が近いので、花火の燃えカス、火薬が風に乗り参拝者に降り注ぎます。
花火を見上げていると目に入ります。




煙くて花火が見えない!!



牛久大仏、どこいった?



あまりの勢いに、新年早々また一番下が、
『地獄絵図だな!』と、
いやいや、おめでたいんだから地獄はと思いながら、
『言い得て妙』、
風、煙、お構いなし連荘打ち上げ!!、牛久大仏も怒るよ。







綺麗という余韻よりは、集中砲火が凄かったです。
落ち着いて、新年のあいさつを家族にしていない事に気づき、
『明けましておめでとう。』

花火が終わると、大仏胎内拝観開始。
通常は拝観料が必要ですが、本日は3階までは無料です。





日本一の大香炉。胴回りが2m50cmの青銅製。





家族は大香炉の煙をありがたく、
自分は、先程の花火の煙で十分です。



牛久大仏の下には、大型サーチライトが複数台あり。


近くで見ると光量も凄い。


こちらが、光線のライト。



牛久大仏の中へ、
空調入ってて幸せ、暖かいポカポカです。




2階、約77席の写経席が用意された心落ちつく写経空間。
別途200円〜写経体験ができます。

お正月にはこちらで書き初め体験もできます。

が、
子供3人、興味なし。
『 書初めは、学校の宿題! 』だそうです。




3階、約3,400体の胎内仏に囲まれた金色の世界です。
新年、最初の読経が響き渡る準備中で緊張感漂います。
厳粛な空間です。


1マス、永代経 御志納 ・(大)1,000,000円 ・(小)300,000円
三途の川も・・・・、世の中、お金ですかね?




写経、書初めで時間が潰せればと思いましたが、読み外れ、
牛久大仏の拝観終了、時間は午前0時40分。




車に戻る道中、まだ、除夜の鐘?並んでいました。
除夜の鐘、ここは数は関係ないみたい?
並んで、賽銭すると叩けました。

午前1時過ぎに、牛久大仏から撤収。
移動します。


移動場所は後出しで!


山道で少し凍結箇所がありズリズリしましたが、(家族は全員爆睡中の為、苦労知りません)
無事に午前2時半前に駐車場に到着。
例年は、午前1時過ぎには駐車場に入れないのに駐車場に余裕あり?
仮眠して午前5時を待ちます。(トイレの心配が無い所、大切ですね。)




午前5時過ぎ、嫌がる家族を起こして列に並びます。
新年、家族全員から大ブーイング!寝起き最強、機嫌悪!




けっこう、切符を買うまで時間がかかります。



ここは、『どこか?』と言いますと、  ↑ ↑ ↑

筑波山ロープウェイ
つつじヶ丘駅

http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=114

大駐車場脇のつつじヶ丘駅と女体山駅を結びます。

筑波山で初日の出は、歩く人は別ですが、
男体山側 ケーブルカー
距離:約2.0km 標高差:約610m 所要時間 登り90分/下り70分
筑波山神社から男体山頂を目指すルート。ほぼケーブルカー沿いに登り、上りと下りの2台のケーブルカーがすれ違う様子や男女川(みなのがわ)最上流の地点など貴重なシーンに遭遇することができます。標高差があり比較的険しいコースです。

女体山側 ロープウェイ
距離:約1.6km 標高差:約190m 所要時間 登り40分/下り35分
つつじヶ丘から酒迎場分岐を結ぶルート。酒迎場分岐から白雲橋コースへ合流し女体山頂へ向かうことも、つつじヶ丘から筑波山神社へと下ることもできます。岩場が少なく比較的楽なコースです。


今回、自分達は女体山側です。


全長1,296m、高低差298mのスイス製ロープウェイ。
毎秒5mの速度、所要時間約6分で女体山駅へ運んでくれます。

筑波山ロープウェイは4線交走式と言われる、2台の搬器(車両のこと)が上りと下りを繰り返す方式をとっています。



乗車する時は、車内照明は点灯していますが、 ↑ ↑



発車すると、こんな感じです。外も漆黒なので景色も見れません。
暗闇の6分、長く感じます。




午前5時半過ぎ、女体山展望パーラー  ↑↑
日の出予定時間、午前6時45分頃です。
絶好の場所で写真を撮る人、見る人達です。
始発、午前5時に乗って来たか、歩いて来た人達です。
本気のオーラが凄いです!!




イルミネーションもありました。
女体山展望パーラー内の食事処も満席状態!座る事も出来ません。
甘酒を立ち飲みして室内で暖をとりますが、
一番上と一番下が、寒さと眠気で戦意喪失!!
家族をパーラー内に置いて情報収集

ロープウェイのスタッフに聞くと、
山頂は人で凄い事なっているので初日の出は見る場所がないとの事!!
ここから、10分程なので自分で確認して判断した下さいと言われました。




ダメもとで山頂を目指します。
一番上、一番下、に戦意は戻りません!!
てか、
意思が、意識が、気持がありません。
木偶人形状態!

でも、
頑張って(強引に)女体山、山頂を目指します。

ロープウェイ往復
大人  1,100円×2人
小児    550円×3人
駐車料金    500円
合 計     4350円
突っ込んだ銭、考えると簡単には引き返せません。




女体山、山頂に向かう手前の少し開けた場所から写真。
(青白い光が先程のイルミネーション。)
空が少し朝焼けてきました。ここも人がいっぱいです。





筑波山神社 
女体山本殿

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E6%B3%A2%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE
その奥の人だかりが山頂です。 ↑ ↑



女体山、山頂。↑ ↑ ↑
とんでもない事になっています。人垣の目線側が東(日の出)です。
気合入りまくりで、ピリピリしています。
時間は午前6時過ぎ、日の出まで40分程あります。
何時から、ここで場所取りしているんだろう。お疲れ様です。




吹きっさらしの山頂で、後40分以上待機は、
戦意喪失の2人には無理と判断。
参拝して下山します。




ロープウェイのケーブル、刻、一刻と空の色が変わっていきます。



女体山駅の下りは自分達だけ。一番上は写真に写る気力もなし。



当然、ロープウェイの中は乗務員と自分達だけの貸切。
一番上と一番下は撃沈!!
ロープウェイの車内で、スタッフに質問すると、
大晦日〜元旦は、
スタッフは、大晦日の業務終了から駅に泊まり、元旦業務にあたるそうです。

どうしてか?
例年、午前1時頃には駅に来る道という道が渋滞して、
スタッフが到着できなくなるそうです。

今年は空いてましたね?
今年は、大晦日が雨、その後、道路が凍結で車両が上がれないみたいで、
出足が遅いそうです。

それで、今年は空いていたのかと納得!!



下りて来ると、駐車場に入れない車の車列が! ↑ ↑


駐車場で、初日の出を見れる場所を伺うと、
お土産屋さんの上、ガマガエルの所の高台が良いと教えて頂きました。




戦意喪失の2人を車の中に避難させ、
教えて頂いた場所へ向かいます。けっこう人がいます。↑ ↑





筑波山名物 ガマの油
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%B2%B9



午前6時半過ぎ、後15分程の辛抱です。
雲が厚く、雲海のような感じです。




真ん中は、この苦行に耐えています。




ギリギリの人達が、下のレジャーランド?の所に上がって来ます。
ガッチリ、床、凍結していて歩くの危なそうです。






もうちょっと、!!



出ました、初日の出。↑↑
2時間近く、かける価値がありますかね?




頭が出てからは、明るくなるのが早い!!




にぎり石を撫でて、



元旦、一発目に入るべき所か・・・・・?
考えましたが、真ん中が入りたいと言いましたので、
苦行を耐え抜いた、ご褒美で探検に入ります!!
入場料 大人 500円、子供 200円



ガマの洞窟へ
これぞ、昭和と言う感じです。




足元は、古布、カーペット、等で不安定です。









コンセプトはお化け屋敷ですかね?



ガマガエルの祠?



洞窟の中で二股に分かれます。



階段を上がって、


これが、巨大イノシシです。
ドンツキなので戻ります。




お土産屋さんの奥から出て来ました。



真ん中は、何事も無かったかのごとく行ってしまいます。



お土産屋さんの女将さんから、
真ん中に声がかかり、
ラスカルみて、
ラスカル????
新年、初のジェネレーションギャップ経験しました。
アライグマは知ってるけど、
ラスカルは知らない。
昭和生まれだけです。ラスカルで話が通じるのは!!




☆1月1日限定でご乗車の各駅先着500名様に開運小判プレゼント

これです。↑↑



午前7時半過ぎ、撤収!!
戦線離脱した2人は、爆睡中です。
残り2人も直ぐに爆睡に参加。
開運小判のおかげか?、事故も無く帰宅できました。


1月20日(土)
1月21日(日)
弊社、創業75周年記念
第2弾

イベントフェア開催


追加グレードも色々と、
発売されます。
ご来店お待ちしております。





 
facebook
はてブ
お気に入りに追加

埼玉日産自動車株式会社

フリート営業部(指扇店)

住所:埼玉県さいたま市西区中釘2030

電話:048-623-2323

営業時間:

販売:09:30〜19:00
サービス:09:30〜18:00

  • 今月の休業日:
  • 販売: 2日 9日 16日 23日 30日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ