53

17/07/07 09:44

『ジャングル・クルーズ?!』

クルマ屋のくせに無類の鉄道好きな私が、久々にお届けする旅日記(笑
ちょっと足を延ばしまして、向かった先は・・・広島県三次市。。。


三次(みよし)って・・・ドコ?
そうですよね、正直私も上手に説明する自信がありませんので
よろしければ、ネットの地図をご参照下さればありがたいです。
ついでに言うと、この先の展開にも地図が必須なので(笑


なぜその三次に降り立ったかと言えば・・・。
日本中に点在する、いわゆる赤字ローカル線の中でもとびっきりの閑散路線。
そして、来年3月末で全線が廃止になる事が決まっている
“三江線(さんこうせん)”での列車旅を体験したかったから。。。


ココで全てを説明するのは無謀なので・・・端折ってご紹介すると。
前述の三次から島根県の江津駅を結ぶ、全長およそ108kmの路線・・・。
その路線のほぼ全てが、江の川(ごうのかわ)に張り付いて走っております。
輸送密度(平均通過数量)と言う指標によれば、一日当たりの利用者数は50人前後。
三次から発車する一日の列車本数はわずか5本、うち全線を通しで乗れる列車はわずかに3本!



乗車したのは三次発5:38の始発列車、ちなみに江津到着が9:31。
別に私がマニアックだからではなく、この列車の後だとスケジュール的に帰ってこられないから(汗
同じ列車に乗車したのは全部で8人、明らかに全員が観光客(と言うより、いわゆる乗り鉄組)


三次を出発して、最初の駅である尾関山を過ぎた位から
片方は崖、もう片方は江の川と言う景色が延々と続きます・・・。
この時期はあらゆる草木が生い茂り、走る列車の窓や屋根などをバタバタと叩きます。
そんな中、全体の半分くらいの区間を30?/hの徐行速度でトコトコと列車は進みます・・・。
なぜ30?/hかと言うと、この路線はあらゆる地点が落石の危険地帯なんです。
つまり・・・線路上に落石がある前提で、運転手さんがいつでも緊急停止できる速度(汗
大袈裟な表現かも知れませんが、それはまるでテーマパークにある
“ジャングルクルーズ”的アトラクションの様でもあります・・・。


三次〜江津間、直線距離だと60?程度の距離なのだとか。
先程も申しましたが、愚直なまでに江の川に沿っているので2倍近い距離になり
まして区間の多くで徐行運転、理由は不明ながら途中の口羽駅で30分近く停車してみたり。
何より・・・沿線人口の少なさは言うまでも無く、そのわずかな人々の住む集落が対岸にあったりして
私の様な素人でも、正直『そりゃ、廃止になるよな』と簡単に理解できるレベル・・・。



でも・・・この列車に乗っていると、なんだかホッとします。
我々の普段の生活って、基本的に電車に乗るのにダイヤとか調べないですよね?
特に何も考えず駅に行って、ICカードをピッとやってホームに立てば数分後には電車がやって来る。
更に言うなら、乗っている電車が5分遅れたらイライラしませんか?(笑


その点、三江線は実におおらかなモノです。
万が一にも乗り遅れたら、4時間から7時間はお待ち頂く事に(笑
ソレは冗談として(事実ですが・笑)、このロケーションどうですか?
『日本の原風景』とか言ったら、何を知ったかぶりしてるんだとお叱りを受けそうですが
実にのどかで、優しいキモチになれる空気に満ち溢れているんです・・・。


乗車時間4時間なんて、あっという間でした。
『4時間乗れば・・・新幹線なら函館まで行ける!』とか言ってはダメです(笑
この時期は一面が緑の世界ですが、秋は真っ赤に色づくのでしょうね。



今度は・・・ウチのおかんも連れて来ようかな?
facebook
はてブ
お気に入りに追加

埼玉日産自動車株式会社

岩槻店

住所:埼玉県さいたま市岩槻区府内1−7−26

電話:048-798-8623

営業時間:

販売:09:30〜19:00
サービス:09:30〜18:00

  • 今月の休業日:
  • 販売: 6日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 20日 27日
  • サービス: 6日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 20日 27日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ