0

19/08/29 16:34

「アトラス ディーゼル(1.55t)」を発表・発売

日産自動車株式会社は、29日「アトラス ディーゼル(1.55t)」を、全国一斉に発売すると発表しました。

アトラスディーゼル(1.55t)2WD シングルキャブ 標準ボディ フルスーパーロー DX
 
日産自動車は、2019年6月、いすゞ自動車株式会社(以下 「いすゞ」)と新たな小型トラックのOEM供給で
合意し、協業事業契約を締結しました。この契約に基づき、いすゞから小型トラック「エルフ」の
1.5t積クラスの供給をうけ、日産は、本商品を「アトラス ディーゼル(1.55t)」として、販売します。
アトラス ディーゼル(1.55t)は、2019年9月1日以降の生産車に適応が開始される「平成28年排出ガス
規制(PPNLT=ポスト・ポスト新長期規制)」に全車対応すると共に、平成27年燃費基準「+10%」を達成
しています。これにより、九都県市指定低公害車(平成21年基準)「超」低公害車に指定されています。
加えて、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」、
「LDW(車線逸脱警報)」を含む先進安全装備をフルスーパーロー全車に標準装備し、これら先進安全装備
装着車は、ASV減税の対象となります。※1 ※2
※1:ASV減税とは、「衝突被害軽減ブレーキ」、「車両安定性制御装置」、「車線逸脱警報装置」を搭載する先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)のうち、
   トラック・バスに対して自動車取得税・環境性能割、自動車重量税を軽減する特例措置です。
※2:先進安全装備レスオプションを選択の場合は対象となりません。


商品概要は下記の通りです。
エンジン
 新開発の4JZ1-TCSエンジン(3.0Lエンジン<150PS>)を採用。世界で最も厳しい排出ガス規制である
 ポスト・ポスト新長期規制への対応として、排出ガス後処理装置は、DPF+尿素SCRを採用しました。
 また、クラストップレベルの動力性能を実現し、燃費性能と規制対応の両立を図りました。
先進安全装備
 小型トラックの安全運行を高いレベルでサポートする、多彩な先進安全装備をフルスーパーロー全車に
 標準設定*1しています。インテリジェント エマージェンシーブレーキは、走行中ステレオカメラが、
 前方の車両や障害物だけでなく、静止した歩行者や自転車も検知し、衝突被害を「軽減」、または追突の
 「回避支援」をします。
  ・インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突回避支援/衝突被害軽減)*2
  ・踏み間違い衝突防止アシスト*3
  ・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
  ・LDW(車線逸脱警報)
  ・先行車発進お知らせ
  ・車間距離警報
 インテリジェント エマージェンシーブレーキと踏み間違衝突防止アシスト装備車は、「サポカーS
 (ベーシック+)」に、インテリジェント エマージェンシーブレーキ装備車は「サポカー」に該当しています。
 *1:スーパーローには先進安全装備の設定がありません。
 *2:検知対象は、前方車両・歩行者・自転車・障害物等
 *3:AMT車のみ


ラインナップ
 トランスミッションは、AT限定免許に対応した先進のシーケンシャルマニュアルトランスミッション
 (2WD:6速AMT、4WD:5速AMT))を設定。2速発進を採用することにより、発進時の荷崩れを
 発生しにくくしています。
 また、高い信頼性・耐久性を持った5MTも全車に用意しています。
 グレードは、ベーシックな「DX」と、上級仕様の「カスタム」をご用意。また、2WD/4WD、シングル
 キャブ/ダブルキャブなどの選択も可能とし、豊富なバリエーションを設定しました。
 
アトラスディーゼル(1.55t)WEBカタログ:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/atlasf25.html
 
facebook
はてブ