1

19/12/06 18:38

2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「日産デイズ」が「スモールモビリティ部門賞」を受賞、あわせて「スカイライン」が「イノベーション部門賞」を受賞

日産自動車株式会社は、6日に発表された2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー*1において、
「日産デイズ」が「スモールモビリティ部門賞」*2を受賞し、あわせて「スカイライン」が
「イノベーション部門賞」を受賞したと発表しました。


「日産デイズ」は、クラスを超えた堂々とした存在感のあるデザインと広々として質感の高い
インテリアを採用し、新開発パワートレインによって力強い走りと優れた燃費性能を実現しています。
そして、軽自動車として初めて採用した「プロパイロット」や事故自動通報システム「SOSコール」
などの先進技術がお客さまから高く評価されています。
「スカイライン」は、高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、
同一車線内でのハンズオフやルート走行中の分岐や追い越し時の車線変更など、ドライバーの運転
操作を幅広く支援する世界初の先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を搭載しています。
さらに、400Rを頂点とするプレミアムスポーツセダンとして、運転の楽しさと高い走行性能を追求した
3.0リッター V6 ツインターボエンジン搭載モデルも年齢層の若いお客さまを中心に大変好評を得ています。
*1:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催
*2:三菱ekワゴン/ekクロスと同時受賞
facebook
はてブ