1

20/08/18 14:00

「セレナ」を一部仕様向上

日産自動車株式会社は、17日、「セレナ」を一部仕様向上し、同日より全国一斉に発売します。

   e-POWER ハイウェイスターV                 XV
 
セレナは、広々とした快適な室内空間や、乗り降りのしやすさ、スライドドアやバックドアの開閉のしやすさ、
そして家族のどんなニーズにも対応できる多彩なシートアレンジなど、ミニバンとしての高い基本性能や装備が
お客さまからご好評をいただいています。さらに、日産が誇る100%モータードライブの電動パワートレイン
「e-POWER」や運転支援技術の「プロパイロット」搭載車なども、幅広いファミリーに選択いただき、
2018年・2019年と2年連続でミニバンNo.1の販売台数を獲得しました。
また、大切な家族と一緒に乗るクルマだからこそ、より安心してお乗りいただける最先端のミニバンを目指し、
夜間において歩行者の検知性能を向上させた「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突
防止アシスト」、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」などの「全方位運転支援システム*1」
などを、既に全車標準装備としています。これにより「セレナ」は、2019年度自動車アセスメント(JNCAP)の
予防安全性能評価において、満点となる141.0点(141点満点中)で最高評価の「ASV+++」を
獲得しました。
今回の仕様向上では、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全車標準装備とし、全方位運転
支援システムをさらに強化しました。
加えて、オプション設定であった運転支援技術「プロパイロット」を一部のグレード*2に標準装備としました。
さらに、「インテリジェント ルームミラー」のオプション設定グレード*3も拡大し、より多くのお客さまに
安心してドライビングを楽しんでいだける仕様となりました。
また、室内空間をより便利で快適にするため、USB電源ソケットを1.0Aから2.4Aに変更しました。
 
*1「全方位運転支援システム」に含まれる先進安全技術は下記のとおりです。
・アダプティブLEDヘッドライトシステム または ハイビームアシスト(グレード別設定)
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+ LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+ BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)※今回新たに追加採用
*2対象グレード:ハイウェイスターV、ハイウェイスターG、e-POWER ハイウェイスター V、e-POWER ハイウェイスター G
*3対象グレード:XV、ハイウェイスターV、e-POWER XV、e-POWER ハイウェイスター V

 
セレナ WEBカタログはこちら
 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html
facebook
はてブ