0

14/01/05 18:54

今回の年末の旅行は・・・

こんばんは!サティ子です(・∀・)


さぁ、明日は6日です。
仕事始めの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
サティ子は2014年の仕事が始まり3日目です。
何度、睡魔と闘ったことでしょう(笑)
皆さま、頑張ってくださいねcool


年末、27日からお休みをいただいておりましたサティ子は
国内旅行を楽しんでおりました( ´艸`)ムフフ


さて、どこへ行ってきたでしょうか?smiley





はい、写真のとおり!
有馬温泉へ行ってきましたヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙

有馬温泉周辺へ到着したのは夕方頃ですが、少し雪が降っていました。
旅館のテレビを見てみると今年一番の大寒波!!
そりゃー寒い・・・
でも、せっかく来たんだから!!と、有馬を散策。
しかし、雪や時間帯のために閉まっているお店ばかりで
大人しく外湯に入って旅館へ戻ることに。

ご存知の方も多いと思いますが、
日帰り入浴可能な公共の外湯、
『金の湯』『銀の湯』有馬では有名です。

金の湯と銀の湯をはしごする元気がなかったサティ子は
金の湯に入ることにしました( ゚∀゚ )




金の湯は、お湯の色が透明じゃないんです!!
赤色というか、赤茶色のような色をしていて不思議。

そして、サティ子は硫黄の臭いがしないことに気がつきました!
硫黄は含まれていないのでしょうか・・・
早速検索してみました!!

↓↓↓

有馬温泉は、環境省が指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉だそうです。



『温泉=硫黄』というわけれはなかったですね(ノω・、)                                                    しかし、有馬温泉って、7つもの成分が混合している世界的にも珍しい温泉で、
日本最古の温泉だなんて、2013年の締めくくりに嬉しい温泉です☆☆☆


  

ちなみに、写真では内容が読めないと思いますが金の湯に入浴した有名人の方々の名前が書かれています。
足利義満、豊臣秀吉、福沢諭吉、竹久夢二など数多くの有名人が入浴されています。
サティ子もそんな温泉に入ることが出来て幸せです(◎´∀`)ノ  
                             
翌日、出発前に銀の湯に入ろうと思いましたが、
時間が足りず入浴出来なかったので、玄関先だけ撮影して帰りました(笑)  
  
          

    
                                                                    いつか銀の湯をリベンジしたいと思います(・∀・。(-∀-。)  


それでは、また(´・ω・)ノ




■(社)有馬温泉観光協会
兵庫県神戸市北区有馬町790−3

           
                                                                                                                                                                              
facebook
はてブ