1

18/01/27 18:00

雪道での注意点

こんにちは(^U^)♪
来る日も来る日も毎日寒いですね(ΩдΩ;
皆様、体調崩されたりはしてませんか??

そんな今日は
雪道走行についてsmiley

・・・交差点・・・
停車時のタイヤロックや発進時のスリップ、
車のエンジンによる熱などで、路面の雪や氷が
溶けたり凍ったりを繰り返し
交差点はツルツルに磨かれたアイスバーン状態になっています。
また、轍が出来ているところもあるので、
轍を乗り越える際・進路変更をする際は
ゆっくりと慎重に!!!

・・・カーブ・・・
カーブの走行では、車の自重によって
外に向かおうとする力(遠心力)が働きます。
交差点同様、カーブ手前の直進時にしっかり減速を。
コーナリング中のブレーキやアクセル操作は車が不安定になるため、
曲がりながらの急な加速や減速はできるだけ避ける!!
一見表面が乾いた雪に見えても、
その下にアイスバーンが隠れていることも・・・

・・・
坂道・・・
路面の滑りやすい雪道では、下りの坂道が要注意。
ABSは「ブレーキを踏んでからの制動距離を短くする装置」ではなく、
「衝突しそうな状況での急ブレーキ時にタイヤをロックさせず、
緊急回避のハンドル操作を行うためのもの」
と思っておいたほうが良いでしょう!!
路面がアイスバーン状態の時は、路肩の雪部分に
片方のタイヤを乗せると停止距離が短くなる場合も!!

・・・橋の上・・・
橋の上は風を遮るものがない「吹きさらし」状態のため、
雪が積もっていなくても路面が凍結している可能性が大きいので要注意!

・・・商店や駐車場出入り口・歩道の横断・・・
除雪の境目や、歩道の段差が凍っている場合があるので
歩行者などに気をつけて、途中で止まらず、斜めに横断しましょう。
ハンドルを大きく切った状態では抵抗が大きくなり、
小さい段差でもスリップしてしまうので要注意!!!

最後に豆知識をもう一つ。
歩行者も凍った道で足を滑らせて転ぶ事がありますが、
これは凍った路面と靴底の間に氷が溶けた水の膜ができるため
靴底がその水の膜を排出できずに滑ってしまうからです。
自動車のスリップも同じ原理で、
積雪路や凍結路では路面の氷(固体)が溶けて
水(液体)になるため、タイヤはグリップ力を失い滑りやすくなります。
雨の場合は、タイヤの溝が排水してくれ
固い地面とタイヤのグリップがすぐ復活しますが、
氷は車重がかかって圧力を受けると表面が溶けるので
次々と氷が溶けて断続的に水の膜が発生。
そのため、スタッドレスタイヤは路面と接地する部分のゴム自体に
水を取り除く機能と、固い氷をひっかく機能とを持ち
雪や氷の上でも滑らずに走行できるようになっているのです。


2月・3月もまだまだ寒い日が続きそうで、
路面の積雪や凍結なども多く見られると思います。

くれぐれも運転には注意して、

事故や怪我の無いよう気をつけてくださいね(◎д◎)!!!!!

以上、サティオ1番の犬好きでしたheart

-END-






 
facebook
はてブ
お気に入りに追加

株式会社日産サティオ福山

福山明神店

住所:広島県福山市明神町1丁目9-48

電話:084-923-3211

営業時間:

販売:09:45〜19:00
サービス:09:45〜17:50

  • 今月の休業日:
  • 販売: 1日 2日 3日 7日 8日 15日 22日 29日
  • サービス: 1日 2日 3日 7日 8日 15日 22日 29日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ