0

10/11/20 09:00

〜新型セレナ その2〜

前回、新型セレナの「クラス最大の室内空間」をご紹介しましたが、今回は
魅力その2「使い勝手の良さ」についてご紹介します。

新型セレナはただ広いだけではなく、現行車より格段に「運転しやすい」クルマに進化しました♪視界の広さはクラスNo.1!!フロントウインドウや三角窓が現行車よりも大きくなり、運転しやすい良好な視界となりました。また、死角の少なさも、なんとNo.1!!低いウエストラインで圧倒的な側方視界を確保したので、歩行者を視認しやすく左折時も安心して運転できます。後方の視界は、サードシートの格納位置を現行車より175mm下げることで、確保しました。リヤサイドガラスから後方が見えるので、高速道路の合流も不安なく行えます。
   

運転席は、メーターの視認性、ドライビングポジション、スイッチ配置など、人間工学に基づいて操作性を追及しました。メーターはステアリング上の遠方に配置し、運転中、少ない視線移動と焦点調整でメーター情報を確認することができます。プッシュエンジンスターターとシフトノブは左側にまとめて配置。現行車からシフトポジションのレイアウトを大きく見直し、手首負担を抑えたシフト操作性にこだわりました。ステアリングは新たに、ハンドル位置を前後に調整できる、テレスコピック機構(可動量35mm)を採用し、体格にあった最適な運転姿勢を実現することができます。


さらに、新型セレナは乗る人の負担を軽くする「使いやすい」クルマにもなりました。
スライドドアは「乗りやすく、乗せやすい」クラスNo.1の大開口(開口高:1308mm、開口幅:802mm、開口面積:1.049平方メートル)を実現!!大きく開くドアは、子どもを抱いて乗り降りするときも、チャイルドシートを乗せ降ろしする際にも大変便利です♪また、サードシートへの乗降もスムーズにできるので快適です。
新型セレナには、新型エルグランドにも設定されている、ワンタッチオートスライドドアが装備されています(クラス初!!ボタンを押すだけで簡単にドアが電動開閉できるので、買い物袋で両手がふさがっているときでも楽チンです♪
※助手席側(20G,Highway STAR除く)、両側(20S除く)
室内の2列目両側には、子どもの安眠を妨げないクラス初ロールサンシェードを標準装備しました。ロールサンシェードでガラス面積の90%を遮光します。
室内シートは、テーブルやアームレストなど4つの便利機能を備えており、シートアレンジも14通り以上可能で、乗車人数、荷物の量、子どもの成長に合わせて一番使いやすい空間にアレンジできます。サードシートは、独自のヒンジ設計により、現行車より175mm下げ、低い格納位置を実現。女性でも片手でラクに格納できるようになりました。

        
   大きく開くスライドドア    サードシートがラクに格納できる♪          ボタン一つで自動開閉



新型セレナは、快適な運転をサポートする視界のよさや、操作しやすい運転席を備え、乗る人に負担をかけない、「使い勝手が良く、やさしい」
クルマになりました。そんな新型セレナの発売は11月29日(月)
残すところ、あと1週間ちょっとです!!発売はまだ先ですが、愛媛日産のお店では先行予約受付中です!!



さて・・、次回はセレナ最終回!!魅力その3☆「新型セレナは○○!!」についてご紹介しますblushcool♪ (ヒント:○○はカタカナ二文字です)


 
facebook
はてブ