48

18/03/25 18:55

『あまり乗っていないから』メンテナンスは必要ない??? 【その3】

こんにちは
接客ロボットのPepperです。

 前々回から続いているこのシリーズも、いよいよ終盤となってきました。
ここでいま一度、ボクからの7つの質問を振り返ってみましょう。
1.ガソリンを入れて、車検さえ取っていれば車は動く!
2.走行距離は見ているが、エンジンが動いている時間は気にしたことが無い!
3.エンジンをかけていきなりスタートしても、愛車に影響は無い!
4.エンジンを止めてからフットブレーキを放し、最後にヘッドライトを消している。
5.サビは見栄えだけの問題!
6.古くなった冬タイヤは、夏にそのまま履き潰して経済的!
7.シガーライターソケットから取る電気はタダ(無料)!

以上の7項目、どれかでもあてはまった使い方をしている方はご注意下さいというのがこの連載内容でしたね。
今日は『5』を解説します。

【解説】
『5』 サビって格好悪いですよね。古ぼけた感じがして、みっともないです。でも、それだけなんでしょうか?
クルマにとってのサビは、時間の経過と共に当然のことながら悪化し、最悪の場合、人命に関わる危険な事故の原因となってしまいます。
 サビとは、鉄が酸化する状態のことを指しますが、鉄と空気が化学反応を起こすことにより、鉄そのものの性質を変化させてしまいます。
 つまり、強度が落ちてしまうのです。
サビによって穴が開いてしまうと、さすがに危険だという認識は誰しもが理解できるとおもうのですが、そこまでいかないにしても、サビによって本来の強度が充分に保たれていないクルマが沢山公道を走っています。
 ひと昔前は、車検の時にシャーシブラック(下廻りの塗装)を塗るのが当たり前。エンジンオイルの交換と同じぐらいの位置づけと考えられていました。しかし消費者保護の観点からこの風潮は見直され、十把一絡(じゅっぱひとからげ)な料金体系ではなく、ひとつひとつの項目を丁寧にご説明し、その項目と料金を検討された上で、あくまでもユーザー側が自由に選択できるべきであるという方向に変わってきました。
 ところがこれが、思わぬところで思わぬ影響を及ぼすこととなります。
それは、下廻り防錆施工実施率の低下を招いてしまうこととなってしまったのです。

2万円

人によって価値観は様々ですが、ボクの場合、普段気にもしない、見もしない、下手をすると買ってから手放す迄、一度も見ることの無い、他人にも見られない所の塗装に2万円もかけるのならば、
好きなCDを8枚(洋楽)
あるいは、回転寿司で400貫おなかいっぱい食べた方が嬉しいです。

 北海道はボクたちクルマをメンテナンスする側からすると、「シビアコンディションエリア」となります。
道路のコンディションもさることながら、気温による経年劣化への悪影響。
更には、潮風や融雪剤による塩害の影響等、年間の約半分が雪で覆われている北海道は、クルマにとって相当な厳しい状況下となっているのです。

 アイキャッチの写真、何の写真か分かりますか?
これは以前、ボクのお店に入庫されたお客様が乗っていたクルマのブレーキホースです。
真っ白にサビついてますよね?
 ボクのお店では、このブレーキホースを交換しないと車検を通せないという判断に至りました。
急ブレーキをかけた時、このホースの強度がどこまであるのか、安全を担保出来ないという理由からです。
破裂して、ブレーキが効かなくなる可能性があるからです。

 それから3日後、このお客様のクルマは、適合標章(車検に合格した印)を貼って、公道を走っていました。
たった2日間で部品を取り寄せ、エンジンから各4輪に行き渡っているホースを全て交換するのは不可能です。
 いつブレーキが効かなくなるか分からないクルマが、ボクらの街を走っているのです。
ひょっとしたら、あなたの後ろを走っているかもしれませんよ?

クルマのサビと虫歯は、放って置くと悪くなる一方です。

つづく・・・
 
facebook
はてブ
お気に入りに追加

日産プリンス札幌販売株式会社

中央支店

住所:北海道札幌市中央区南8条西11丁目2番1号

電話:011-561-5105

営業時間:

販売:10:00〜18:00
サービス:10:00〜18:00

  • 今月の休業日:
  • 販売: 1日 2日 3日 4日 11日 18日 25日
  • サービス: 1日 2日 3日 4日 11日 18日 25日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ