3

20/01/27 15:00

雪に備えての豆知識

みなさま、こんにちは。
今年は、暖冬で暖かい日も多いですが、雪の予報もチラホラと。
そこで、雪道を走行する上での豆知識をご紹介いたします。


雪道の走行を怖いとおっしゃられる方が多いですね。

ここで、雪の降り始めに危険かどうかの見分けるポイントを!

まず最初に雪が積もるのは【樹木の上】【地面(土)】です。
コレくらいでしたら、道路はほとんど問題ありませんね。(凍結には注意!)

次に積もるのが【歩道】【ブロック塀】など。
このような状態で雪が降っていると、そのうち道路にも積もってきます。
スタッドレスをお持ちで無い方は、おクルマの運転をやめた方が良いでしょう。
ノーマルタイヤで走行し続けるのはとても危険です。


また、車のタイプによっても雪に強い・弱いが出てきます。
雪に弱いのは【後輪駆動(FR)車】です。同じ2輪駆動でも【前輪駆動(FF)車】の方が雪には強いです。
なぜこのような違いが出てくるのか?
車は前にエンジンが搭載されているので、前輪駆動車(FF車)の方がタイヤを路面に押し付ける力が強いからです。
後輪駆動(FR)車で動けなくなった場合、トランクに重い荷物を載せていただくと動ける場合もありますよ♪
ただし、トランクに人を乗せるのはたいへん危険ですので、絶対にやらないでください。
4WDが雪に強いといわれていますが、発進に関しては確かに強いです。でも、止まるに関しては駆動方式の差はほとんどありませんので、無理せず速度控えめ&車間距離を多めにとって走行してください。


道路によっても危険度が変わります。

このような土手の上はタイヤが通ったくぼみが左右ひとつずつしか無いケースが多いです。
対向車が来たときに、端に寄るとハンドルの操作が効かずに土手の下へ落ちてしまうことも。
なるべくなら通らないほうが良いでしょう。


普段は気にならない緩やかな上り坂。
しかし、日陰の上り坂は危険度UPです。日陰は凍ったままの危険性があるので上りきれない可能性もあります。
それよりももっと危険なのが下りですね。止まれない! このような事にならないように気をつけましょう♪


最後に、平らに見える道路。何も危険には見えないですけどね。
道路は水はけを良くする為に中央よりも両端が低くなっています。対向車に気を取られて端によると、そのまま左側に滑ってしまうことも。また、どぶが雪に埋もれて見えないケースもあります。
脱輪にはご注意を。

この他にも、雪道には危険がいっぱいです。
最低限、次の事は守ってださい。
無理はしない
スピードを出さない
車間距離を多くとる

この3つで、かなりの危険を回避できます。是非、心がけて雪道を走行してください。

あと、最後に一言。
滑ったら恐いと思うと滑った時に恐いとなってしまいます。
雪なのだから滑るのが当たり前と思って乗れば少しは気が楽になりますのよ♪
 
facebook
はてブ
お気に入りに追加

日産プリンス茨城販売株式会社

つくばさくらの森店

住所:茨城県つくば市さくらの森9-10

電話:029-897-3866

営業時間:

販売:10:00〜18:30
サービス:10:00〜18:30

  • 今月の休業日:
  • 販売: 1日 2日 8日 9日 15日 16日 22日 23日 30日
  • サービス: 1日 2日 8日 9日 15日 16日 22日 23日 30日
  • 中古車: 1日 2日 8日 9日 15日 16日 22日 23日 30日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ