1

17/03/28 11:09

ジンチョウゲのいい香り♪岳林寺


こんにちは!プリくまちゃんです。熊本市西区をお散歩していたら、ぷーんとジンチョウゲのいい香り♪誘われるように歩いていると、岳林寺というお寺がありました。そして楼門には立派な仁王像!一刀彫だそうです。
 



りりしい眉毛!!!


岳林寺は、天平宝字年間(757年〜764年)に曹洞宗の寺として創建されたお寺なのだそう。古いお寺なのですね。とってもきれいに掃き清められています。明治30年(1897年)の大晦日、文豪・夏目漱石が、ここから天水町にある小天温泉(おあまおんせん)まで歩いたというエピソードが残っています。「草枕」はこの小天温泉でのエピソードをもとに書かれたことは、あまりにも有名。ちなみに今年は漱石の生誕150年です。
 


城親賢(じょうちかまさ)公のお墓。この方、今も人気の「くまもと春の植木市」を始めたお殿様なのだそうです!天正年間っていうから、1570年代です。植木市ってそんなに昔からあったのですね!植木市が始まる前の1月20日前後には岳林寺で墓前祭が行われるのだそうですよ。
 
 


いい香りの沈丁花。別れと出会いの季節の香りです。
 
岳林寺
熊本市西区島崎5-40-48
(096)353-1402
 
facebook
はてブ