1

18/03/01 09:30

やってみよう!自宅でエスプレッソ

こんにちは。
コーヒー大好き、コーヒーマイスター荒川です。
前回の記事 やってみよう!コーヒー焙煎 から約1年…。

ふと思い立ち、エスプレッソを淹れることにしました。
皆さんはコーヒーのエスプレッソを飲んだことはございますか?
私は今でも覚えています。初めて頼んだエスプレッソは苦すぎて、
とても飲めたものではありませんでした…!

(これがエスプレッソなのかぁ…)と少し大人になった気分でしたが、
こんな苦いものを好き好んで飲む人がいることに驚いた思い出がございます。


さて、そんなエスプレッソを自宅で作ってみました。
まずは豆を炒るところから。
前回の記事でもご紹介しましたね。え、覚えていないって!?

コーヒー生豆と焙煎網です。
この生豆は約5年前にSCAJ(コーヒーの展覧会のようなもの)で手に入れました。
焙煎豆ならとっくに劣化しているところですが、
生豆は保管状態が良ければまだまだ使えます。

私は特に気にせずそのまま放置していましたが…。

炒っていきます。ご興味のある方は過去の記事をご覧ください。

良い感じの焼き色になりました。
キッチンがコーヒーの香りでいっぱいです。
けっこうな量を焙煎したように見えますが、
私の愛用のマグカップ(容量300cc)で約3杯分です。

面倒でも回数を分けて焙煎しましょう。
横着して一度にたくさん焙煎しようとすると焼きムラが出てしまい、
結局廃棄になってしまうなんてことも・・・。


ここで登場!
てれれってれ〜♪マキネッタ〜〜♪
マキネッタという単語を初めて聞く方も多いのではないでしょうか?
これはエスプレッソ作りには必須のコーヒー器具で、
なんとイタリアではほとんどの家庭にあるそうです!

インテリアに飾る人もいらっしゃいますが、
せっかくなのでちゃんと使ってあげましょう。

写真右がマキネッタで左はコーヒーミルです。
左後ろに写りこんでいる鍋は、今は関係ありません。

コーヒーミルは炒った豆を細かく挽く器具です。
この2つはアウトドアでも使えます。
登山の時などに持っていき、
使いこなしていると注目浴びること間違いなし!

マキネッタの下にお餅用の網を敷きました。
そのままだとコンロの面積に合わないので…。


細かく挽いたコーヒー豆をマキネッタのバスケットに入れます。
あまりにも細かく挽いたのでインスタントコーヒーになりそうですが、
溶けませんのであしからず。

インドネシアのバリ島ではこの細かく挽いた粉を
そのままお湯に放り込んでよくかき混ぜてから上澄みを飲むらしいです。

エスプレッソ並みに濃いコーヒーができあがりますよ。

バスケットの下にはお水を入れておきます。
時短でお湯を入れる人もいますが安定した味になりません。
なんだか水の色が黄色に見えますね!?
この黄色は、「クレマ」と呼ばれる泡です。
マキネッタの種類によってはクレマが発生します。
クレマの発生するマキネッタは特殊なものなので、
イタリアでしか買えません。

私はヤフオクでGETしました!
今ではメルカリでも出品されていそうですね。

2人分作りました。1つは妻の分です。

このままだと苦過ぎて飲めません。
私は角砂糖を1つ入れました。
温めた牛乳を入れてカフェラテにするか、
お湯で割ったアメリカーノにすると美味しいです。

コーヒーに牛乳を入れるとカフェオレ、
エスプレッソに入れるとカフェラテです。

横文字だらけで何がなんだかわからない!と妻がわめいています。
妻はカプチーノとエスプレッソを間違えて頼んでしまったという、
文字通りの苦い過去があるそうです。


さてこのエスプレッソ。
そのままブラックで飲むことが普通だと思っていませんか?
イタリアではブラックで飲む人はほとんどいないそうです。
理由は、苦過ぎるから。(笑)
角砂糖を4〜5個入れて飲み、
溶けきれなかった砂糖をスプーンですくって食べるそうですよ。


なんでエスプレッソという文化が広まったのか不思議ですよね。
三寒四温でまだ寒い日が続きます。
たまにはエスプレッソという濃いコーヒーはいかがでしょうか?
facebook
はてブ
お気に入りに追加

株式会社日産サティオ群馬

高崎南店

住所:群馬県高崎市倉賀野町426

電話:027-347-1234

営業時間:

販売:10:00〜18:30
サービス:10:00〜17:00

  • 今月の休業日:
  • 販売: 3日 4日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 24日 31日
  • サービス: 3日 4日 10日 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 24日 31日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ