8

20/08/31 15:00

命 * 大事

みなさま、こんにちは!

今年は夏休みが短く、

ほとんどの学校はもう2学期が始まっていると聞きました



昨年も触れました『9月1日問題』



9月1日は 『防災の日』であるとともに

『命』について考える日となってほしいと願っております


今年も、この場をお借りして私の勝手な思いを綴りたいと思います
もし、お時間があれば読んでください




 今年は アッと言う間に夏休みが終わった
 ガッコウに行くのは
 つらくて くるしい。。。
 もうどうしたらいいのか わからない

 勉強もしなきゃいけないって頭ではわかってる
 でも なかなか手につかない
 ご飯も食べたくないし おいしいとも思わない

 仲良しで 何でも話せる友達なんて いない
 友達と思って相談したら どこで何て言われるか・・・
 信じられる人ってホントにいるの?

 親には 心配掛けたくないし
 どんな風に 話を切り出せばいい?

 やりたいことなんて ない
 夢なんて ない
 話も したくない
 めんどくさい つかれた・・・

 あぁ。なんで夏休み短いの!
 なんでガッコウ行かなきゃいけないの!!
 もぉ何もかもヤダ!!!


 学生なら ガッコウが世の中のすべてと 感じているのかもしれない
 社会人なら 今いる社会しか 自分の身を置く場所がないと思っているかもしれない

 でも もし そこが
 大きく深呼吸が出来ないところなら
 その日は行かないで いいんじゃないかな

 大きくゆっくり深呼吸できる場所を
 自分で息が出来るところを
 時間をかけて探せばいい

 信じられないかもしれないけれど
 あなたが生きているだけで
 幸せって感じてくれる人が どこかにいるってこと

 自分ではなかなか気付けない
 誰かが教えてくれるわけでもない

 イヤな事があって どうしても逃げ出したくなったら
 命を放棄するよりも
 行きたくない場所にいかなきゃいい
 みんなと同じ事するのが あなたの生き方じゃない
 大事な命 どうか大切にしてほしい

 いつかあなたが笑顔になれれば それでいい
 そう思う大人がここにいます




今年はコロナウイルスという見えない敵によって
大切な命が危険にさらされるというようなストレスを
世界中の人が抱えています


コロナの情報が日々変化していることもストレスになっています

また、「悪いのはウイルス」であるにもかかわらず
罹患した人が悪いと決め付ける「自粛警察」が
どこに潜んでいるか分からないストレスもあるでしょう

自分では気付かないうちに押しつぶされそうになっている人が
身近にいませんか?


改めて命の尊さと儚さを考えさせられる令和2年です




 
facebook
はてブ