0

20/10/01 15:29

「日産ルークス」、「日産キックス」が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞

日産自動車株式会社は、1日、本年3月にフルモデルチェンジした新型「日産ルークス」と、本年6月に日本市場に新規投入した「日産キックス」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」(10月1日発表)を受賞したと発表しました。

            日産ルークス                         日産キックス
 
日産ルークス」は、広い室内と便利で快適な使い勝手、さらに運転支援技術「プロパイロット」をはじめとする多くの先進安全技術を搭載したスーパーハイトワゴンの軽自動車です。軽規格ながら一台ですべてをこなせるファーストカーとして、高いウエストライン、スリークなルーフシルエット、踏ん張り感のあるタイヤ位置など、基本要素を適正に配して洗練されたプロポーションとしました。フロントは大型グリルと精緻に仕立てたヘッドランプにより、高い先進性と存在感を引き出しています。インテリアデザインは直感的で操作しやすい大型ナビをはじめ、使いやすい高さに揃えた収納、触感にもこだわった3種の内装コーディネートなど、生活を彩るデザインとなっています。
今回の「日産ルークス」の受賞は、「広い室内空間、使い勝手の良い後部席や荷物スペースや、タイヤを四隅に寄せた踏ん張り感のあるルックスが、クラスを超えたファーストカーとしての存在感を醸し出している。また、長距離ドライブから日常使いまで、家族全員の要求を満たす性能に仕上がっている。特に運転支援技術「プロパイロット」などの先進安全技術などを搭載することで、長距離ドライブ時の安全性と疲労軽減にも十分配慮されている。」という点が高く評価されました。
「日産ルークス」は、2020年3月の発売以来、その洗練されたデザインなどがお客さまからご好評いただき、累計で約5万台を販売しています*1。搭載された多くの先進安全技術のなかでも、グッドデザイン賞で高い評価を得た運転支援技術「プロパイロット」の装着率は約50%*1と、非常に多くのお客さまに選んでいただいています。
日産キックス」は、日産独自の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した新型SUVです。
エクステリアデザインは、コンパクトSUVでありながら、幅広い用途にマッチし、存在感を引き出すプレミアムなデザインです。精悍な「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で、力強さとスタイリッシュさを表現しました。また、躍動感のある先進的なLEDヘッドランプにすることで、存在感を放つデザインとしました。プレミアムホライズンオレンジとピュアブラックのツートーンは、自信あふれるスポーティさを最大限に引き出しています。インテリアデザインは、わくわくする快適な空間と1つ上のクラスを所有する喜びを感じる高級感を追求すると共に、タン内装とシームレスに仕上げた9インチナビモニターにより、モダンでプレミアムなインテリアを実現しています。
今回の「日産キックス」の受賞は、「日産の電動パワートレイン『e-POWER』は、その機敏性と燃費性能からこの『日産キックス』のようなコンパクトSUVユーザーには最適なパワートレインである。SUVならではの筋肉質感と上質性をあわせ持つスタイルや、鮮やかなオレンジと黒のツートーンを主体とするカラーリングによる外装が、人の目を惹きつける。」という点が高く評価され、受賞に至りました。
「日産キックス」は2020年6月の発売以来、大変好調な販売状況となっています。お客さまからは、電動パワートレイン「e-POWER」の抜群の加速性や爽快な走り、モーターならではの静粛性、そして運転支援技術の「プロパイロット」をはじめとした先進安全装備が標準装備であることなどが大変好評を得ています。発売直後は、コロナによる部品供給の影響もありましたが、11月より生産の増強を計画しており、さらに納期が短くなる見込みです。
 
以 上
*1 2020年9月末時点(日産自動車調べ)
facebook
はてブ