1

22/03/25 18:00

軽クラスEV間もなく発表




こんにちは。

いつもカレスト座間店のブログをご覧いただきありがとうございます。


今、車の環境が変化しているのをご存知でしょうか?

2021年1月に政府がとある発表をしました。
「2035年までにすべての新車販売を電動車にする」という方針が発表されました。
つまり近い将来にガソリン車の販売は終了し、環境に優しい電動車が主流になるということになります。

それに先駆け日産ではリーフとアリアを発売、多くのお客様にご愛用いただいております。

また電気自動車の発売だけでなく、充電設備の環境も整えてきました。
充電器設置数は全国で約30000基を超え、神奈川県内も約1100基と安心の設置数。
神奈川県内のガソリンスタンド数は約820店、ガソリンスタンド店より充電器数の方が多いということになります。


このように電気自動車に追い風が吹いている中、日産から新しい電気自動車のご案内です。

2022年初頭に軽クラスの電気自動車が発売予定となりました。

現時点での情報は
・車両サイズは軽クラス(全長3395mm/全幅1475mm/全高1655mm)
・バッテリー総電力量20kWh
・お客様の実質購入価格は約200万円から

日産では初めての軽クラスの電気自動車になります。

リーフやアリアでは運転が不安、自宅周りの道路が狭い、お手軽に電気自動車に乗りたい方、必見です。


また電気自動車はコスト削減ができ経済的なのはご存知でしょうか?
皆様からよくお問い合わせいただく内容とあわせてご紹介します。

【電気自動車の満充電費用はどのくらいか】
家庭で充電した場合の電気代は契約している電力会社やプランによって異なりますが、1kWhは20〜30円程度が一般的です。

【充電の電気代をガソリン代と比較するとどのくらいか】
例えばガソリン車(燃費15km/Lの走行、1L=160円)で、月に5600円ガソリン代がかかっている場合(走行距離=525km相当)
新型軽クラスの電気自動車に乗り換えると、20kWh×4回
(充電量80kWh、走行距離=560km相当)×30円=2400円
月の費用差額5600円−2400円=3200円
毎月3200円も安くなります。毎月の外食が1回増えるかもしれませんね。

【メンテナンスコストはガソリン車と異なるのか】
電気自動車はガソリン車と比べ、オイル・スパークプラグ等の定期的な交換が不要になります。よってガソリン車より点検代はお安くなります。


日産車としては初めての軽クラスの電気自動車ということで、すでに多くのお客様からお問い合わせをいただいております。
この機会にぜひ電気自動車へのお乗り換えをご検討ください。
神奈川日産カレスト座間店は、電気自動車への乗りかえをお手伝いします。
皆さまのご来店お待ちしております。


注意事項
上記仕様は2021年8月時点のものであり、今後変更となる可能性があります。
掲載画像は、電気自動車のコンセプトカー『ニッサンIMK』であり、量販車とは異なります。


【安心してご来店ください】
神奈川日産では、お客様に安心してご来店いただけるように、下記を徹底して感染拡大防止に取り組んでいます。
マスクの着用・手洗い・手指消毒・出社前検温・店内の清掃および除菌・飛沫感染防止のパーテーションの設置・トイレの清掃・試乗車と展示車の除菌


 
facebook
はてブ
お気に入りに追加

神奈川日産自動車株式会社

カレスト座間店

住所:神奈川県座間市広野台2-10-3

電話:046-256-1118

営業時間:

販売:10:00〜17:30
サービス:10:00〜17:00

  • 今月の休業日:
  • 販売: 5日 12日 13日 19日 26日
  • サービス: 5日 12日 13日 19日 26日
新車 中古車 サービス アイコンの説明
アクセスマップ