0

15/02/11 14:54

サティ子、女子旅をする。の巻〜その3〜

Good Morning!!
Everybody!!


お待たせしました♪
サティ子達の旅の続きが気になる!!
という声をいただき、急いで更新ですindecision


と。まぁ、
オシャレな洋風のホテルで
まったりと過ごした朝は、つい
“Good Morning!!”
と優雅に過ごしたくなりますねsmiley


ですが、よくばり旅中のサティ子達には、そんな余裕もなく、
朝はバタバタと・・・ヾ(・ω・`=´・ω・)ノ

しかし、朝食もとても美味しかったですcool
 

朝からたっぷり力を蓄え、
後ろ髪引かれながら、ホテルを後にしました ε=ε=ε=ヾ(・∀・`*)ノ☆

ほんっとに良い・ステキな過ごしやすいホテルでした☆
お世話になりました。


そして、
今日の予定はっっっ!!!!
ろくろ体験〜!!!!
キタ━━━━ (*゚∀) (∀゚*)━━━━━━!!!!!!!!!!!!


徳島県鳴門市では
大谷焼
という焼き物が有名だそうです。

ちなみに、
江戸時代後期、安永9年(1780年)に、四国八十八カ所霊場の巡礼に来た
豊後の国(大分県)の焼き物細工師・文右衛門が、ここ大谷村において、蟹ヶ谷の赤土で作ったのが大谷焼の起源と伝えられています。
 
そこで、サティ子たちがお世話になったのは
佳実窯
と言う工房です。

昨日は芸術作品を見て、
今日は作ろう!!ということです 
.+゚(o(。・д・。)o).+゚

じゃん!!
早くろくろを回したいヽ(●´3`)ノ゛♪
と、ワクワクなんですが、、、


まだです。

まずは、これくらいの固い粘度をこねて、


冷たくて、固くて、でもこねて・・・

電動ろくろにセットして、


基本の回し方を習い、練習です。

簡単そうに見えていましたが、意外に難しい・・・(;゚□゚)!!
結構力が要るんです。
集中しないとすぐにグニャっとなってしまいます。


そして・・・
いよいよ形にしていきます ((*´・ω・)ノシ

「何が作りたいですか?」
と聞かれ、
まずはコップを・・・
一旦、基本の形に先生がしてくれます。


水をつけながら、集中し、そーっと伸ばしていきます・・・

気分は
独り・ゴースト(´、ゝ`)cool


っなんて、余裕はありません!!
足でろくろの回す速さを調整し・両手は全神経を集中させ、
先生の言う事をつぶやきながら

そーっとそっと・・・
邪念が入ると、
すぐグニャっとなって、駄目になってしまいます (ノД`)・゜・。

奥が深い・繊細なものなんです。


と、感じながらも、
みんなでワイワイ言いながら、
1人分の粘土で出来る限り作らせてもらえました♪
1人4〜5個も作れました v(。・ω・。)

ジャ・ジャ・ジャーンッ!!!!!!

どうですか、サティ子の腕前 ヽ(・∀・)ノジャーン!!
なかなか良い腕してるでしょ?cool


焼き上がるのに、1ヵ月半〜2ヶ月かかるそうです。
そろそろ届く頃・・・楽しみで仕方ありません 。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。

次の日、なぜか左の二の腕が筋肉痛・・・
このせいでした (*¨) ....

でも、みんな自分の作品達に大満足cool


焼き上がりの色も、どんな風に使うかを想像しながら決め、
後は焼き上がりを待つばかりです o(●´ω`●)o


貴重な体験をしました (´∀`)
一からこんな風に自由につくるなんて、
ナカナカ出来ない経験です
indecision

先生、こんな賑やかな私たちのご指導、
ありがとうございました 
☆*:;。(○`・∀´・)ゞ★*:;。


そう。
そして、陶芸は
意外に力と集中力を使います。

そう。
そろそろお腹も空いてきました・・・
ご存知の通り、次の目的地はランチだぁぁぁ♪
======☆(((((((((・ω・。)ノ


サティ子、女子旅をする。の巻〜その4〜
に続く・・・


★サティ子たちがお世話になったのは・・・
●佳実窯
http://yoshimigama.com/index.html
 

facebook
はてブ