1

19/12/12 13:30

『動く蓄電池』

突然ですが、 BCP ってご存知ですか?
なんとなく聞いた事があるという方も多いかと思いますが・・
今回はそのBCPについて、群馬日産でご提案している内容のご紹介を。
 
BCPとは Business Continuity Plan の略で、
日本では『事業継続計画』と表現しているようです。
 
企業において、災害等発生時に損害の発生を最大限に抑え、
事業の 継続、早期復旧を図るための計画のことです。
中小企業庁が定めている方針なのですが、
それが群馬日産と どういうつながりかと いいますと・・
災害発生の初動時の対応のための電源供給として
”リーフ”の活用を ご提案させていただいているのです。
通常時は社用車として、そして非常時には電源として・・
まさに『動く蓄電池』です。
 
従業員の安否確認、被害状況の確認、帰宅困難者への対応
インフラが寸断されてしまっても、電源が確保できる!
心強いことではないでしょうか・・
 
しかも、リーフは環境にもやさしい
 
クルマとして、蓄電池として・・
電気を蓄えて、使って・・
活用の場は、ご家庭から企業へも!
 
 
 
 
〜群馬日産からのご提案〜
詳しくはパンフレットをご覧ください





facebook
はてブ