0

21/12/03 18:00

水前寺成諏園、350年記念祭


こんにちは。プリくまちゃんです♪
今年は、細川綱利公が水前寺成諏園を現在の形に作庭して350年という節目の年。
11月27-28日に行われた350年祭に先駆けて、20日に開催された薪能を見に行ってきました。


流鏑馬や、子ども古今伝授、義士行列、シンポジウムなど盛りだくさん。
少しずつイベントが増えてきていますね。


夕方からは薪能に合わせて入園料が無料となりました。

いつ見ても美しいお殿様のお庭、水前寺成諏園。
泉水を囲み、東海道五十三次を模した庭園は水の都熊本のシンボルといえますね。


能楽殿の方にてくてく歩いていくと…
肥後六花の一つ、肥後山茶花の展示会が行われていました。

「明行空」(あけゆくそら)「夕陽」(せきよう)など美しい名前がついたお花。
細川文化の粋がここに凝縮です。


能楽殿は、八代の松井家から移築されたもの。
ぱちぱちと音を立てる薪と月明かりの中で見る能はとても幻想的でした。



水前寺成趣園
熊本市中央区水前寺公園8−1



JNCAP総合安全性能評価 最高ランク 
ファイブスター賞starを受賞したデイズとルークス!
安全のポイントを日産プリンス熊本でご体感ください。


お得な情報がいっぱいのwebページもチェック!!
facebook
はてブ