2

20/10/09 17:00

芸術の秋 宮崎県立美術館「美の旅」へ


こんにちは♪プリくまちゃんです。
朝晩は肌寒くなってきましたね。
昼間との寒暖差で体調をくずしやすいこの季節。
風邪などひかないようにお過ごしください。

さて今回は宮崎市へ!
宮崎県立美術館で行われている「美の旅」展を見てきました。
感染対策は万全にされているので安心して鑑賞することができます。

「美の旅」展は、東京富士美術館が所蔵する西洋絵画の中から厳選された作品82点が展示されています。 
オープン前からすごい行列で、まるで東京の美術館にいるかのようでした。
入館時に検温・アルコール消毒があり、並ぶときも見るときもソーシャルディスタンスが徹底されています。
3点の有名絵画を撮影することができたのでご紹介します!


こちらは、ルネ・マルグリットの「観念」。
普通のスーツを着ていますが、顔は描かれずリンゴに。
なかなか示唆に富んでいていろいろな見方ができます。

ソーシャルディスタンス保ちながらの撮影なので、なかなか難しい・・・。
写真がちょっと斜めになってしまいました(笑)。


モネの「睡蓮」。
水の色、奥行き・・・ひきこまれます。


「サンベルナール峠を越えるボナパルト」(ジャックルイ・ダビッドの工房)。
書かれたのは1800年代になってからとのこと。
ヒーロー感にあふれています。

今回おもしろい発見がありました。
地位や役割によって肖像画が威圧的に描かれたり、善人風に書かれたり・・・と当時の画家が時代背景をくみ取りながら絵を描いていたということです。

絵画の美しさだけに注目しがちですが、世相やブームなどの「絵解き」的な解説にとても興味をそそられました。

11月3日まで開催されています。


ランチは・・・宮崎うどんの名店「きっちょううどん橘通店」のごぼうおぼろうどん♪
いりこだしが絶品でした。



宮崎県立美術館
宮崎県宮崎市船塚3-210(県総合文化公園内)
10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館月曜日



秋の先進技術乗りかえフェア開催
詳しくはwebページへ
facebook
はてブ